【サンダル】KEENニューポートH2で旅をしてきたので徹底レビュー!

【サンダル】KEENニューポートH2

こんにちは、サンダル大好きなゆんたです。

 

今回はビーチサンダルとは違うんですが、有名ブランド『KEEN』のニューポートH2というサンダルのレビューです。

旅をしてきたのは昨年で、場所は東南アジア。旅以外にも日常生活で使用していたので、使用感満載ですが購入を考えている人のためになるかと思います。

記事の最後には本音のメリット・デメリットも。

それではいってみましょう!

KEENとは

KEENロゴ

KEENを知らない人のために、ちょこっとご紹介したいと思います。

KEENは2003年にカリフォルニア州で誕生しました。デザイナーのマーティン・キーンと、ローリー・ファーストがフットウェアブランドとして創立したそうです。

こう見ると割りと歴史は浅いんですね!

マーティン・キーン氏は、サッカニーやトミー・ヒルフィガー、ケースイスやクラークスといった著名なファッションブランドシューズブランドでキャリアを積み、ローリー・ファースト氏はアウトドアブランドで商品の企画によって腕を磨いたという経歴を持ちます。

ニューポートが大ヒット

創業と同時に発表したニューポートが大ヒット!マーティン・キーンと、ローリー・ファーストが考え抜いたアイディア「トゥ・プロテクション」が採用されています。これはその名の通りつま先を保護する機能。

つま先が守られることで、くつを履いているかのような安心感があり、かつ、サンダル同様の手軽さを備えている…
デザインもさることながら、機能性の良さで様々な層のニーズに答えることに成功しました。

そして現在、アウトドアのシューズブランドとして確固たる地位を築いています。

ニューポートH2のレビュー

それでは、路面状態があまり良くない東南アジアを一緒に旅した、ニューポートH2をレビューしていきたいと思います!

かなり使用感がある写真でスミマセン!カカトも踏んでいるので跡がついてしまっています。写真は、購入して4年目の状態。

【サンダル】KEENニューポートH2の上から

それでは細かい部分を見ていきます。

かかと部分のすり減り

まずはカカトから見ていきましょう!普通のサンダルであれば、この部分はすり減りやすくなります。
しかし、かかと部分にストラップがあるため、歩く時にしっかりと靴底が持ち上がります。

【サンダル】KEENニューポートH2のかかと

普段ずり足の人も、すり減りがほとんどなくなるといっても過言ではありません。

つま先

ニューポートの一番ウリである、「トゥ・プロテクション」。これはホンマにすごくて、つま先を完全に守ってくれます。

小指をぶつけて「うヒャー!!!!」って事にはなりません!(叫び方)

【サンダル】KEENニューポートH2のつま先

素材の強度も強く、ガシガシ使用しても、なかなかすり減ることはありませんよ!

ストラップは踏まないほうが良い

気になる点は、先程の写真のようにストラップを踏んで履いてしまうと、少々生地が傷むという所でしょうか。

【サンダル】KEENニューポートH2のかかと紐

生地がほつれてますよね。僕は買ってすぐに踏んでそのまま4年ほど使用したので、このような状態になりました。

靴底

ソール自体かなり厚く、しっかりとした作りだと感じました。
本格的な登山には物足りませんが、土だらけの東南アジア程度でしたら、十分頼りになる相棒です。

【サンダル】KEENニューポートH2の靴底

ずり足にならないおかげで、ソールの減りもほとんど見られませんね!

【サンダル】KEENニューポートH2の靴底かかと

全体的にかなりの強度があると感じました。多少無茶な扱いをしても、KEENはそれに答えてくれます。

KEENニューポートH2のメリット・デメリット

【サンダル】KEENニューポートH2の側面

個人的に感じたメリットはこちら。

・かかとが完全に守られる
・ゴロ石がある場所でも安心
・デザインが良い
・カラーバリエーションの豊富さ!
・水際でも滑りにくい
・汚れがすぐに落ちる
・靴下をはくと、靴に見える

特に気に入っている点は、水際でも滑りにくい所と、汚れがすぐに落ちるので綺麗さを保ち安い点です。

普段履きとしては、靴下をはくと『スニーカー』っぽく見えるので、オシャレの幅が広がります。

KEENニューポートH2のデメリット

何年も使用してデメリットも感じましたので、素直に挙げたいと思います。

・水に濡れると乾きが遅い
・素足だと足が臭いやすくなる
・小石が入るとなかなか出てくれない

この3つは使用していて、イマイチだなと感じた部分です。恐らく、どの使用者でも感じていることと思います。

【結論】かなりおすすめのサンダル

サイズ感としては、Amazonのレビューにもあるように少し小さめです。
購入する時は、靴下ではくことも考えて0.5センチアップで購入することをオススメします。

生地がしっかりしているので、乾きが遅いのは当然で、小石もほんのたまにしか入ってきませんから、そこまで気にはなりません。

デメリットが一切気にならないほど、メリットだらけのサンダルです。

良いサンダルを一足持っていると、長持ちしますよ〜!

KEEN(キーン)のサンダル・ニューポートH2めっちゃオススメですので、ぜひ!

 

他のサンダルもレビューしてるよ♪

・最強のビーチサンダル「ギョサン」のレビュー
・ビルケンシュトック「ギゼ」徹底レビュー

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

【サンダル】KEENニューポートH2
石垣島ダイビングライセンス

世界最高の感動を届けたい
石垣島ダイビングカレッジ『モアナ』

ゆんたが運営するダイビングスクール『モアナ』は石垣島のライセンス講習専門カレッジです。
・完全少人数制
・PADIライセンス取得39,800円
(オープン・アドバンス)
・体験ダイビングも開催中9,800円