さんぴん茶の為に「iwakiのジャグ」を買ったら幸せになった話。

iwakiのジャグとさんぴん茶

こんにちは、ゆんたです。

 

ずーーーーっと思ってたことがあって、今日は言わせてほしい。

せーの

 

自分で作るお茶って何であんなマズいんやー!いんやーんやー…んやー(山びこちゃうわ。お前だけや)

 

ぅおえぇぇええぇ!!(激しすぎー!)ってほどマズイわけじゃないんやけど、あんまり美味しくなくて結局マックスバリューでペットボトルのお茶を買うっていう。

でも、最近気づいたんです。

 

これ、入れもんがアカンのちゃうかと。

 

いつも100円均一の麦茶ポットを買っていたのですが、これがアカンのちゃうかと。

そもそもやで、熱湯をいきなりプラスティックの容器にいれるってどうなん?(ちゃんと冷やせ)

じゅわーじゅわーってプラスティックが溶け出して、プラスティックの味が…ってなってる気がして。(なわけあるか。社会問題になっとるわ)

今日は紹介したいっていうより、ただの独り言のような感じなんですけど、写真とか載せますので興味があったら見てもらえると嬉しいです。

Amazonで高評価!iwakiのジャグが可愛い!

まずはこちらを見てください。iwakiのジャグです。

iwakiのジャグ

…!!

くっ!神がかりすぎて背景が透けて見えやがる!!(ただのガラスや)

どうですか!可愛くないですか!あの取っ手!

なんか、か弱くてパキって折れそうやけど、実際はそんな感じはせず、めっちゃ強いです。蓋もステンレスでめっちゃ高級感がありますよね。

iwakiジャグのスペック

  • メーカー型番: 294-SV
  • サイズ: 外径8.3×高さ25cm
  • 容量: 1L
  • 重量: 360g
  • 耐熱温度差(急熱急冷した時の温度差): 120℃以内
  • 機能: 熱湯OK、直火不可
  • 材質: 本体/耐熱ガラス(パイレックス)、フタ/ステンレス・ポリプロピレン(耐熱温度/120℃)・シリコンゴム(耐熱温度/200℃)

Amazonより引用

こちらは、Amazonに記載されているバイヤーのコメントです。

冷蔵庫のポケットに入る大きさです。日常の飲み物がぐっとおしゃれに変わるから不思議です。小さな幸せですが、これが意外とうれしいのです。

何かを悟ったかのようなコメント。でも、ほんまにこの通りやと思います。

さっそくさんぴん茶を作ってみた

せっかくなので水道水ではなく、これからは美味しいお水で作ることにしました。

iwakiのジャグとさんぴん茶

煮出すのはやめて、水出しにしてみたんです。ほしたらめっちゃ美味しい!

水出しって美味しいんやなーって新しい発見でした。しかも冷蔵庫に入れっぱなしにしておけば出来上がるので、めちゃ楽。楽しんご。(適当に書くな)

 

iwakiのジャグの取っ手

ジャグと僕。(彼女か)

 

iwakiのジャグのステンレス蓋

ステンレスの蓋はこんな感じになってます。必要な時に回して注げるように穴が空いてます。よくある麦茶ポットと同じですね。

手の色、麦茶と同じやん。って思った人もいると思うけど、気にせんといて。海で焼けるねん。

値段も幸せプライスやで

値段は1500円くらいです。これで小さな幸せが手に入るんやから、買わない手はないですよ。いつも100均一のを使ってるから、今年の夏は変えてみようかなって人にもおすすめです。

ガラス製なのでお茶がいつもより美味しく感じる。しかも筒状やから洗いやすい。

 

まぁ…美味しいお水に買えて、水出しに変えたらプラスティックのでも美味しいんやと思う。(ほんまそうやな)

でもiwakiのジャグは幸せも付いてるし。

しかもオシャレなので、めっちゃおすすめですよーってお話しでした!

 

 

コレは絶対見てくれ!僕が厳選する石垣島の超おすすめホテル!


iwakiのジャグとさんぴん茶