石垣島のサーターアンダギー屋「さよこの店」にふらっと行ってみた。

石垣島さよこのサーターアンダギー店舗

こんにちは、ゆんたです!

ふと食べたくなる甘くてじゅわっとサクサク、サーターアンダギー。

内地に住んでいた頃は、そんなに食べる機会がありませんでしたが、石垣島に来てからというもの、たまーに食べたくなるんです。

そういう食べ物ってありませんか?

 

僕が広島にいたときは、4日に1回は必ずお好み焼きを食べていました。なんだろう、あのソースを体が欲しているんですよね。

『ソースじゃー!ソースを出さんかーい!』

ソウルフードってやつでしょうか。(まさにな)

サーターアンダギーって何やねん

そもそもサーターアンダギーって何なのか気になったので調べてみました。

サーター=砂糖
アンダ=油
アギ=揚げ

直訳すると「砂糖の油揚げ」です。カロリーすごそう。

じっくりと時間をかけて揚げるので、日持ちも良いです。表面がサクサクで、中はモソモソした感じ。砂糖をふんだんに使用しているので、甘みは強いです。

もっと簡単に言ってしまえば、ドーナツの球体バージョンですね!

地元の人もサーターアンダギーが大好き

地元の人達もおやつとして食べている、このお菓子。

石垣島で有名なサーターアンダギー屋さんと言えば「さよこの店」です。外観はこちら。

 

石垣島さよこのサーターアンダギー店舗

赤瓦の建物ですね。

このあたりは割りと道が狭く、さらに交通量の多い交差点になりますので注意が必要です。あ、特に自転車には注意してくださいね。

特に僕とかノンブレーキでかっ飛ばしてるので、宜しくお願いします!!(宜しくお願いしますちゃうわ。スピード落とさんかい)

 

ちなみに車の駐車場もありますので、安心して下さい。

石垣島さよこのサーターアンダギー駐車場

上の写真の店舗右側が駐車スペースです。

子供でも買うことのできる料金設定

お値段、なんと1個60円!激安!安さも人気の理由の1つですね。

ちなみに店内は撮影禁止なので、写真はありません。店内に入ると、すぐにサーターアンダギーが並べられているカウンターになっています。

紅芋やシナモン、バナナ…たくさんの種類がありますので、ぜひ全種類買って下さい。
僕のおすすめは…プレーンと黒糖です。

夕方には売り切れる

こちらの「さよこの店」ですが、情報誌にも頻繁に掲載されているので、すぐに売り切れになります。

10時開店で、揚げ上がりの時間が11時・12時…と約1時間おきに設定されていますが、15時ではもう遅いかもしれません。

その場合「本日完売」と入り口に看板が出ており、「サーターアンダギー」ののぼりも片付けられますので、参考にしてみてください。

ギトギトせず、サクサク感が長続き

油で揚げているので、「べっちょり」や「ギトギト」などの印象がありますが、お店で入れてくれる紙袋がしっかりと余分な油を吸収してくれるので、ベトつかずサクサクした感じが長く楽しめます。

大きさは、ほーら、こんな感じです。

石垣島さよこのサーターアンダギー

 

写真がドアップすぎてわからんわ!

 

ゴルフボールより大きく、テニスボールより小さいです(微妙)

そんなに大きくないので、サクッと食べることができますよ。

クーラーをガンガンに効かせた部屋で、ホットミルクと一緒に食べるサーターアンダギーは絶対に美味しいはず!

 

ちなみにすぐ近くの「楽味」さんの天丼もめっちゃ美味しいですよー!!

さよこの店
住所:沖縄県石垣市字登野城170
電話:0980-83-6088
営業時間:10:00~完売次第終了
定休日:日曜日
駐車場:有り
アクセス:石垣市役所から徒歩5分


石垣島さよこのサーターアンダギー店舗