何で沖縄の牛乳は946mlなの?あ、さんぴん茶もだわ。

946mi

こんにちは、ゆんたです。

 

石垣島に来て間もないころ。

牛乳パックをボーっと眺めていると、ふとあることに気が付きました。(牛乳パックをボーっと眺めるとか、暇人か)

 

(牛。毎日しぼられて大変やなぁ。そもそも毎日こんなに人間が飲むんに、牛の数足りてないんちゃう?

…?

…ん?946ml??あれ?普通、紙パックとかって1000mlよな。…ん?)

 

「…54mlはどこいったんや!」(前半のくだり、いらんやろ)

 

ということで、なぜ中途半端な946mlなのか?調べてみることにしました。

 

沖縄県(石垣島も)の紙パックは946ml

この946mlという中途半端な内容量、どうやら沖縄のみらしいです。

あれれ?54ml少ない…って考えちゃいますが、国内の大手メーカー(明治や森永)の商品も946mlで販売しています。

もちろん1000mlの商品もありますが、大半は946mlです。

アメリカ統治時代の名残り

沖縄がアメリカの統治下にあったのはご存知ですよね。戦後27年間もアメリカの統治下にありました。もちろん石垣島も例外ではありません。

ポイントはアメリカはガロンを使用しているということ。

沖縄返還の約2年前に、初めて牛乳工場が作られたらしいのですが、アメリカの機械やパッケージをそのまま使用していたとのこと。

やから、日本の1000mlに合わせるのなら、「数字が近いクオーターガロン(946ml)にしよう」ということで946mlになったそうです。

500mlのパックも473ml

数字の話になりますが、下を見てください。

  • アメリカの1ガロン=3.784リットル
  • その4分の1のクオーターガロン=946ml
  • さらに8分の1はパイント=473ml

ふむふむ、これで納得。コンビニなどでも売っている500ml紙パックも473mlなんですよね〜。

少しでも輸送費を削減するために

沖縄の森永乳業は「1リットルに直さないのですか?」という質問に対し

「離島に送る輸送費を少しでも軽減するため、現在もそのままの単位でパッケージしています」

と、回答されているようですね。

 

実際に損しているとか思わないし、不便と感じたこともありません。

逆に沖縄の歴史を学べる、良いきっかけになるんじゃないかなって思います。

こうした「名残り」は探せばまだまだありそうですね。


946mi