【ニューカレドニア】ヌメアのレストラン、LeRoof(ルルーフ)に行ってきた!

  • 2020年2月25日
  • 2020年2月25日
  • 旅行

こんにちは、ゆんたろーです。

最近、働き方改革をしようと思っておりまして。

ダイビングスクールは午後過ぎには終了。午後からはブログ更新やyoutubeの動画編集などに時間を取っていこうと思います。
まだ、youtubeは始動しておりませんが、すでに準備は進めており近日中に動きます。

さて、今日は石垣島のミキちゃんに記事を書いてもらいました。ニラカナイのいろは、始まって以来初めての寄稿です。

このブログは石垣島だけでなく、
世界各国、僕が思うニライカナイを記事にしていきます!

ニューカレドニア、ヌメアのディナー「ルルーフ」

はいさーい(^^)みきです!

石垣島に住んで2年、これから「ニラカナイのいろは」に、私が感じたことや、コレいいよ!などを寄稿していきますので、どうぞ宜しくお願いします。

今回はニューカレドニア旅行記第一弾として…食事編!

今回はどのガイドブックにも載ってる有名どころ、Le Roof(ルルーフ)のディナーに行ったので、書こうと思います(^^)

この記事のポイントとしては…

・日本語メニューあり
・値段は強気設定
・予約なしでOKだけど…

となります。上記を絡めて詳しく書いていきたいと思います。

ルルーフはヌメアのホテルゾーンから近い

ニューカレドニアのルルーフ外観です

ヌメアのホテルゾーンといえば、アンスバタ。このアンスバタ地区から徒歩で行くことができます。海沿いに雰囲気の良さそうな水上コテージが見えるので、すぐわかるでしょう。

実際に私も、適当にお散歩していて「あ、ここガイドブックに載ってたとこだ!」とすぐに気付きました(^^)

ルルーフは予約無しでOKだけど…

私は早い時間(18:30頃)に予約なしで行って、すぐに入ることができました!しかし席は海沿いではあるものの、海岸側の隅っこに通されました。

おそらく、海側の良い席は予約優先なんだと思います。ルルーフは、海の上で食事ができるというロケーションが最高。

ニューカレドニアのルルーフの海です

ディナーは海にライトを照らしているので魚がいっぱい寄ってきていて、運が良ければイルカやサメなんかも見れるとのこと。

ニューカレドニアのルルーフの夜景です

私たちのときは残念ながらイルカやサメはいませんでしたが、魚はたくさんいてサンセットがきれいで、それだけでも満足できました(^^)

行こうと思っているなら予約は必須です。

ルルーフの予約方法

・直接電話(フランス語か英語)
・ホテルのフロントにお願いする
・直接行って予約

のいずれか。予約代行サイトもあるみたいだけど、それに手数料を払うのはバカらしいので、上記が良いと思います!

他のお店での話ですが、直接お伺いし「明日の18時に予約したい」とお願いして予約できましたよ。

英語が苦手な私でも予約できたので大丈夫です! 笑

ホテルのフロントでお願いする方法も簡単で良いかもしれませんね。

ルルーフの服装はドレスコードあり

ニューカレドニアのルルーフのサンセット

ニューカレドニアはフランス領。フレンチのお店は結構ドレスコードがあるところが多いです。

1着はスマートカジュアルを準備していきましょう。もちろん、ルルーフもドレスコードがあります!

男性のスマートカジュアル

ジーンズ、TシャツはNG!チノパン、襟付きのシャツで!靴は皮靴までいかなくても、サンダルじゃなければ大丈夫だと思います。

旦那さんはスニーカーで問題ありませんでした!他のお客さんも、皮靴までかしこまってる人はいなかった印象です。

女性のスマートカジュアル

ワンピースなど、綺麗な雰囲気であればOK!ビーチサンダルや露出の多い格好はNG!

私たちのあとに来た日本人客は、男性がハーフパンツ、サンダルだったためか、受付まで来て帰っていきました。

ルルーフは日本語メニューがあり店員さんも気さく

メニュー表は日本語表記があり、とてもわかりやすかったです。

…しかーし!!

私たちの行った日は、なぜかコースメニューオンリーで単品メニューは頼めませんでした。。。残念。

スタッフさんは、基本は英語orフランス語ですが

「オイシイ?」「アリガトウデス!」などの日本語で、フレンドリーに話しかけてくれます。

ヌメア市レストランの接客のレベルは高い

アンスバタ地区に近いほど、日本の接客かそれ以上の接客スキルです。

パンやドリンクがなくなりそうだったら聞きに来てくれたり、オススメメニューを丁寧に説明してくれたり。

営業熱心なのもあると思うんですが、みんな笑顔でとっても感動しました!

お値段はかなり強気、料理の味は?

私たちの食べたコースは1人12500CFP。旦那さんがビール、私がペリエを飲んで、合計で3万近く…いやぁ高い!!!

ニューカレドニアは物価が高いので飲食店はどこも高いのですが…ここはそれ以上に高い!

完全に雰囲気と場所代です。

コースメニューの流れ

・前菜
(味はおいしい)

・魚料理
(ホタテはおいしかった)

・肉料理
(お肉は普通かな。ちょっと固かったです)

・デザート
(2人で1皿。これはおいしかった!一緒にコーヒーがつきました。)

ニューカレドニアのルルーフのデザートです

パンは手のひらサイズのハード系のパン。ハードパンが大好きなので2つと半分も食べちゃいました。笑 

なくなりそうになったら、スタッフさんが温かいものを持ってきてくれます!

私の素直な感想は…

正直、このコースメニューでこのお値段だったら、次はもういいかなぁ…と思いました。他の方のレビューを見ると、単品だと今回よりお安いみたいですけどね!

ただ、ルルーフはロケーションが超抜群なので、ハネムーンや記念日なんかには最高だと思います!夕焼けは最高でしたよ〜。

お値段は張りますが、特別な日だったらアリではないでしょうか。

ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

MOANAダイビングカレッジ石垣島

僕が石垣島で運営する「ダイビングカレッジMOANA」です。

完全少人数制PADIダイビングライセンス講習専門スクール
本格的な体験ダイビングも開催しております!

ぜひ遊びに来てくださいね。