石垣島に移住するために必要な心構え5つ

石垣島へ移住の心構え

こんにちは、ゆんたです。

この記事を読んでいるってことは…口内炎が気になっているのですね。(何のブログやねん)

 

「もう寒いのヤダ!」って人や「花粉症ヤダ!」って人まで、様々な理由や思いがあって移住を考えていると思います。

今回は石垣島に移住を考えているのであれば、知っておくべき事を5つピックアップしてお伝えしたいと思います。

1,物価が高い

離島なのでこちらは何となく想像できると思うのですが、生活に関するもので例を挙げたいと思います。

  • もやし・・・45円〜120円
  • ガソリン・・・レギュラー135円(2017年1月時点)

野菜や果物はほとんど高いです。数十円〜百円くらいは高く感じます。

輸送費がかからなければ安いものもある

逆に現地で受けられるサービスは安い傾向にあります。

例えば美容院などが良い例で、カット2000円台からオシャレな美容院でサービスを受けることができますよ。

送料がめっちゃ高い

離島であるがゆえに、船や飛行機での輸送費が高くなります。石垣島内で買う食料品もネット通販でも同じことが言えます。

商品より送料のほうが高かったなんて事は良くあることなので、送料をしっかりとチェックする必要があります。

ネットでお買い物をするのならamazonプライムやヨドバシ.comなどを上手に活用して、送料無料を狙いましょう。

2,台風がハンパじゃなく強い

台風シーズンになると、ひと月に何度も台風の影響を受けることになります。台風が直撃しようもんなら…

  • 停電や断水の可能性
  • 車に傷がつきやすい
  • マックスバリューを含むスーパーの商品が品切れになる
  • 台風を通過しても物資が届かない

これらの被害が考えられます。

特に飲料水や非常食などは台風前日から品薄になりますので、早目の確保が必要になります。

台風通過後の事も考える必要がある

台風は石垣島通過後、本州の方へと進む場合が多いので、内地から出発するはずの物資の船が出港できないという事があります。

台風通過後の食料なども考えなくてはなりません。

3,物がすぐに錆びる

これは海が近ければどこも同じで、石垣島だけではありませんよね。

自転車

自転車屋さんに行ってビックリしたんですが、新品の状態からほんの少し錆びていることもあります。手入れをしなかったら、1ヶ月もあれば錆が目立ってきます。

僕は自転車で走り回るつもりだったので4万円ほどの自転車を購入したのですが、ちょっと後悔しています。こんなに錆びるとは思ってもいませんでした。

自動車

自動車も同じく錆びやすいです。石が飛んできて小キズが付いた所から徐々にサビが広がります。

石垣島に住んでいる方のほとんどは、塩害対策のコーティングを足回りに施しています。

石垣島に車を運ぶなら、塩害対策(コーティング)をした方が長持ちしますよ。

4,家賃が高いよー&物件がないよー

石垣島の家賃は安いよ!って聞いていました。が、それは東京都内と比べたときの話でした。

僕は博多や広島などに住んだことがありますが、それと比べてもほぼ同じ、もしくはちょっと高いなと感じました。

不動産のスタッフさんに聞いたのですが、石垣島の賃貸の値段は年々上昇しているようです。

何より物件がない

引越しをするとき部屋が空くのを待ったりしましたが、全然部屋が空きません。石垣島は単身用の物件が全く足りていないと感じました。

ネットに空き情報が出ても、翌日には埋まってしまうくらいの競争率です。(バストイレ別など、選ばなければあるんやけどね)

ちょうど新築ができるタイミングだったので、完成待ちにしました。3ヶ月遅れの完成でしたが、何とか入居することができました。

5,娯楽がない

石垣島夕日

自分で言っときながら「娯楽施設」という定義がイマイチわかりませんが、僕の中では以下のような感じです。

  • ボーリング場
  • カラオケ
  • ビリヤード
  • ダーツ

まぁ、石垣島にある娯楽施設と言えばこのくらいです。映画館はないですから、「映画ないと辛いよー!」って人は注意が必要。

あ、GEOとTSUTAYAはありますから、安心して下さい。レンタル料金は安いと思いますよ。

まとめ

いかがでしたか?石垣島に移住するための心構えとして、ちょっとマイナス面を書きましたが、それ以上に良い所がたくさんある島です。

今度は良い面をピックアップした記事を書こうかなと思います。お楽しみに!


石垣島へ移住の心構え