石垣島に移住して1年半経ちました。僕が感じたこと3つ

石垣移住1年半

こんにちは、ゆんたです。

 

早いもので、石垣島に移住して一年半が経過しました。過去、何度かこういう記事を書いてるのですが…

「3ヶ月ごとに書きたいな!できるなら毎月書きたいな」なんて言ってた自分をぶん殴ってやりたいです。

前回の記事から、半年空いとるやんけ。

続けることが苦手

僕は多分「続ける」って事が苦手なんです。いや、息をするとか、マバタキするとかは大丈夫なんですけど。(目、バッシバシになるわ)

英語の勉強だってそう。…義務感でやってるから、面白くない。

全然続かん。

そんな僕がブログを1年半も続けている事自体が、奇跡だと思うんです。楽しいから続けられるんやと、そして、今見てくれている人がいるからこそやと、そう思います。

OOKINI !!

(Peachの搭乗レシートの一番下に書いてるやつ)

1年半経って感じたこと

それでは、最近の気付きや感じたことを書いていきたいと思います。

完全に個人的なものなので、全ての人に当てはまりませんが、軽く流して見てやってください。

三線は簡単な曲から始めるべし

家には頂いた三線があるのですが、ずーっとオブジェになってました。なんで練習せんかったのかと、ほんまに後悔しています。

昔、軽音楽のサークルに入っていて、弦楽器(ギター)にチャレンジした事があるのですが、もうどうしようもないくらい指が動かん。指にマッチ棒でも入ってるんですか?ってくらい。

でも、超初心者の曲ならと思い「てぃんさぐぬ花」を練習することに。するとどうやろう、意外と弾けるじゃないですか。

始めっから自分の好きな曲じゃなくて、やりやすい曲をチョイスすれば良かったんやね。

除湿機はあったほうがいい

僕は夏場はクーラーをかけっぱなしなのですが、それでも若干窓のサッシのゴム?がカビていました。

特に新築は湿気がスゴイと聞いていたのですが、生活している分にはあまり気になりませんでした。

しかし気にならなくても「知らない間にカビが!」なんてこともあり得るそうです。特に革靴なんて、すぐダメになるとか。

これは除湿機必須ですね。

10月は虫の鳴き声が変わる

虫?セミ?かどうかはわからないのですが、シャンシャン鳴いています。

風が涼しくなったなーと感じたときから、虫の鳴き声が変わって秋になったなーと感じました。

蝶もほとんど見なくなりましたし、季節の変わり目ですね。

 

細かいことを挙げればたくさんありますが、大きいところではこんな感じでしょうか。

これから年月が経つにつれ、どんな風に心境が変化していくのか楽しみです。


石垣移住1年半